特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

リサイタル

厳しくも優しい「楽聖」に挑戦 ピアノ・伊藤恵

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ピアニストの伊藤恵=大阪市北区で、田中博子撮影
ピアニストの伊藤恵=大阪市北区で、田中博子撮影

 シューマンとシューベルトに定評のあるピアニストの伊藤恵が4月12日、京都府立府民ホール・アルティ(京都市上京区)で開くリサイタルで、ベートーベンに挑む。「何十年もシューマンとシューベルトに情熱を注いできた。私はベートーベンの巨大な音楽を前にするといつも後ずさりしていたが、今回はこの2人が助けてくれるように思える」と話す。

 1983年、最難関といわれるミュンヘン国際音楽コンクールで日本人として初優勝し、演奏活動を始めた。87年から約20年がかりでシューマンのソロ・ピアノ作品全曲録音を完成させ、シューマンとシューベルトのリサイタルにそれぞれ8年連続で取り組むなど息の長い活動を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文796文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る