クマ対策犬

国内で初の繁殖試み 軽井沢で無事交配 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鼻先をつき合わせるピッキオの雌「タマ」(左)と相手の雄「リオ」=軽井沢町で
鼻先をつき合わせるピッキオの雌「タマ」(左)と相手の雄「リオ」=軽井沢町で

 軽井沢町のNPO法人「ピッキオ」によるベアドッグ(クマ対策犬)の繁殖計画で、ピッキオの雌犬「タマ」と、米国のクマ対策犬育成機関から来たつがい相手の雄犬「リオ」との交配が無事、終わった。リオはハンドラー(訓練士)のニルス・ペダーセンさん(32)と共に6日、帰国の途に就いた。

 今後は今月下旬から3月上旬に妊娠の有無を確認し…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

注目の特集