メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波避難

スマホ活用 熊本赤十字病院医師ら特許取得 企業協力得ながら実用化へ /熊本

新たな技術を説明する宮田副院長(左)と曽篠救援課長

 大地震による津波の発生などに備え、スマートフォン(スマホ)などの携帯端末を使って避難を促す技術の特許を熊本赤十字病院(熊本市東区)の医師らが取得した。端末に事前に登録した家族などが避難を始めると、他の登録者に伝わる。南海トラフ地震などでの活用が期待され、企業の協力を得ながら実用化を目指す。

 宮田昭副院長と曽篠(そしの)恭裕救援課長が中心となり開発した。同院は東日本大震災や海外の津波被災地に医師や看護師らを派遣しているが、救護活動以外の分野でも被災者…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです