平昌五輪2018

祭典直前、高揚感なく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪が舞う中、活動する平昌五輪のボランティアら=韓国・平昌で2018年2月3日、佐々木順一撮影
雪が舞う中、活動する平昌五輪のボランティアら=韓国・平昌で2018年2月3日、佐々木順一撮影

 平昌冬季五輪の開幕が9日に迫っているが、競技の内外を取り巻く環境は慌ただしい。厳寒の中で行われる五輪への不安の声が根強く、大会組織委員会は「史上最も寒い」とさえ言われる五輪の防寒対策に躍起になっている。近年のスポーツ界の大きな課題であるドーピング問題でも、2014年ソチ五輪の違反で永久追放処分とされたロシア選手の扱いでスポーツ仲裁裁判所(CAS)と国際オリンピック委員会(IOC)の判断が分かれるなど揺れている。

この記事は有料記事です。

残り2153文字(全文2361文字)

あわせて読みたい

注目の特集