メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「若年性認知症」全国推計3万8000人 本人や家族、孤立させるな=山本有紀(前橋支局)

夫が若年認知症と診断された時「不安でいっぱいだった」と涙ながらに振り返る女性=前橋市で、山本有紀撮影

 認知症は高齢者だけの問題ではない。厚生労働省が2006~08年度に実施した調査によると、65歳未満で発症する「若年性認知症」を抱える人は全国に約3万8000人いると推計されている。私は本人と、その家族10組近くに話を聴き、昨秋から群馬面で連載「暗闇の中で」を執筆している。65歳以上の認知症の約462万人(12年推計)と比べると少ないが、若いゆえに認知症であることを周囲に話せなかったり、休職や解雇に追い込まれたりしている。本人や家族が孤立しないためには、周囲に若年性認知症であることを明かし、適切な支援を受けられることが必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2094文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです