メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「若年性認知症」全国推計3万8000人 本人や家族、孤立させるな=山本有紀(前橋支局)

夫が若年認知症と診断された時「不安でいっぱいだった」と涙ながらに振り返る女性=前橋市で、山本有紀撮影

 認知症は高齢者だけの問題ではない。厚生労働省が2006~08年度に実施した調査によると、65歳未満で発症する「若年性認知症」を抱える人は全国に約3万8000人いると推計されている。私は本人と、その家族10組近くに話を聴き、昨秋から群馬面で連載「暗闇の中で」を執筆している。65歳以上の認知症の約462万人(12年推計)と比べると少ないが、若いゆえに認知症であることを周囲に話せなかったり、休職や解雇に追い込まれたりしている。本人や家族が孤立しないためには、周囲に若年性認知症であることを明かし、適切な支援を受けられることが必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2094文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです