メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「若年性認知症」全国推計3万8000人 本人や家族、孤立させるな=山本有紀(前橋支局)

夫が若年認知症と診断された時「不安でいっぱいだった」と涙ながらに振り返る女性=前橋市で、山本有紀撮影

 認知症は高齢者だけの問題ではない。厚生労働省が2006~08年度に実施した調査によると、65歳未満で発症する「若年性認知症」を抱える人は全国に約3万8000人いると推計されている。私は本人と、その家族10組近くに話を聴き、昨秋から群馬面で連載「暗闇の中で」を執筆している。65歳以上の認知症の約462万人(12年推計)と比べると少ないが、若いゆえに認知症であることを周囲に話せなかったり、休職や解雇に追い込まれたりしている。本人や家族が孤立しないためには、周囲に若年性認知症であることを明かし、適切な支援を受けられることが必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2094文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]