経団連

大手5社報告 品質管理不正で調査結果

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 経団連は6日、神戸製鋼所などで品質管理が問題となったことを受け、1500の会員企業・団体に呼びかけた自主的な不正調査の結果を発表した。昨秋以降、検査データの改ざんが見つかった神戸製鋼、三菱マテリアル、東レのほか、大手5社で不正が見つかった。いずれも各社が既に内容を公表している。

 不正が見つかった5社は、東北電力▽日立製作所と子会社の日立ビルシステム▽三菱電機▽ガラス最大手の旭硝子の子会社AGCテク…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集