メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モデルチェンジ!

100年目のパナソニック/中 縦割り打破へ模索

 米アップルの巨大なドーナツ形の新社屋が異彩を放つカリフォルニア州シリコンバレー。その敷地と道を隔てたパナソニックの2階建ての建物に昨年4月、特命を帯びたメンバーが集まった。軽快な音楽が流れる室内で、ラフな服装の若手社員がパソコンに向かう。ここが極秘プロジェクト“ホームエックス”を開発する拠点だ。働くのは、パナソニックの各部署から数カ月単位で集められた日本人のデザイナーや技術者ら約30人。ホームエックスは住空間をインターネットでつなぐ新たなサービス--という触れ込みだが、詳細は不明。パナソニック米国法人の馬場渉副社長は「従来の家電や住宅の延長ではない新たな産業を創る。20年後は世界一を取りにいく」と力を込める。

 意識するのはアップルだ。アイポッドやアイフォーンを世に送り出し、年約2200億ドル(約24兆円)を…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文929文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです