メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米MGMリゾーツ・インターナショナル

夢洲IRに「1兆円投資」 会長が意向 地下鉄延伸、一部負担も

 米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼最高経営責任者(CEO)は6日、毎日新聞のインタビューに応じ、「日本ならではのIR(カジノを含む統合型リゾート)を実現するには投資額は1兆円近くになる」と述べ、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)で構想されるIR=写真はイメージ・日本MGMリゾーツ提供=に1兆円規模の投資を行う考えを示した。また、2024年開業を目指す夢洲への大阪市営地下鉄中央線の延伸計画についても、費用の一部負担に応じる考えを示した。【宇都宮裕一、藤顕一郎】

 ムーレン会長は、IR内に設ける国際会議場などの施設は15万平方メートルの規模を目指し、カジノの面積…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文813文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]