メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の党

松沢氏、分党申し入れへ 党名の引き継ぎ要求も

松沢成文氏

 希望の党の松沢成文参院議員団代表は7日午後の役員会で、玉木雄一郎代表ら執行部に分党を申し入れる。分党に必要な国会議員5人を確保した。分党する場合、「希望の党」の党名を松沢氏らが引き継ぐことを求める考えだ。

 党関係者が明らかにした。松沢氏のほか中山成彬元文部科学相、中山恭子元拉致問題担当相、井上一徳衆院議員、行田邦子参院議員が同調する意向という。

 憲法改正や安全保障に関する考えの違いから、執行部は、松沢氏らが分党して党を去ることを容認。これに対し、松沢氏は「私たちが本流だ」と主張し、執行部側に党から出るよう要求していた。玉木氏は先月31日、党内の混乱を回避するため「もう分党の話はない」と語り、分党問題をいったん白紙に戻す考えを示していた。【樋口淳也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 都営浅草線 6月30日から新型車両「5500形」運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]