メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
飯塚事件再審棄却

弁護士「死刑執行 目を曇らせた」

再審請求が退けられ、報道陣の取材に応じる共同代表の徳田靖之弁護士(右)、岩田務弁護士(中央)ら=福岡市中央区で2018年2月6日午後1時12分、森園道子撮影

 福岡県飯塚市で1992年、女児2人(いずれも当時7歳)が殺害された「飯塚事件」で殺人罪などに問われ、2008年に死刑が執行された久間三千年・元死刑囚(執行時70歳)の再審請求即時抗告審で、福岡高裁(岡田信裁判長)は6日、請求を棄却した福岡地裁決定(14年3月)を支持し、弁護側の即時抗告を棄却した。

 「命に代えても久間さんの無実の罪を晴らすために全力を尽くす」。福岡市内で記者会見した弁護団の徳田靖之弁護士(73)はこう述べて声を震わせた。

 徳田弁護士は「再審開始になれば、死刑制度の根幹を揺るがしかねない。久間さんの無実の罪を晴らすだけの…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文700文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです