メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界がんデー

イメージを変えたい 患者の笑顔プロが撮影

がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指すイベント「ラベンダーリングデイ」で「がんサバイバー」をプロがメークし、撮影した写真=ラベンダーリング事務局提供

 日本人の2人に1人が生涯でかかるとされる「がん」。闘病経験のある「がんサバイバー」の生き生きとした表情を撮影し公開することで、つらいイメージが先行しがちな印象を変えてもらおうという企画が「世界がんデー」の4日、東京都内であった。イベント「ラベンダーリングデイ」の中で開催されたもので、闘病中だったり、乗り越えたりした約20人が参加し、笑顔で撮影に臨んだ。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 主催したラベンダーリング事務局の月村寛之さんは「本来ならばもっとも助けがいるはずの患者が、診断を機に仕事を辞めざるをえなくなったり、悩みを誰にも言えずに抱え込んだりして、孤立するケースが多い」と指摘。「写真を通じて『がんになったら何もできない』というイメージを変え、がんになっても笑顔で暮らせる社会にしていきたい」と、趣旨を説明した。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです