メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界がんデー

イメージを変えたい 患者の笑顔プロが撮影

がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指すイベント「ラベンダーリングデイ」で「がんサバイバー」をプロがメークし、撮影した写真=ラベンダーリング事務局提供

 日本人の2人に1人が生涯でかかるとされる「がん」。闘病経験のある「がんサバイバー」の生き生きとした表情を撮影し公開することで、つらいイメージが先行しがちな印象を変えてもらおうという企画が「世界がんデー」の4日、東京都内であった。イベント「ラベンダーリングデイ」の中で開催されたもので、闘病中だったり、乗り越えたりした約20人が参加し、笑顔で撮影に臨んだ。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 主催したラベンダーリング事務局の月村寛之さんは「本来ならばもっとも助けがいるはずの患者が、診断を機…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1161文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです