原発事故避難者訴訟

東電に11億円の賠償命令 東京地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発。右手前から1、2、3、4号機=福島県で2017年9月、本社ヘリから
東京電力福島第1原発。右手前から1、2、3、4号機=福島県で2017年9月、本社ヘリから

 東京電力福島第1原発事故に伴い、長期の避難生活を強いられたとして、福島県南相馬市小高区(おだかく)の元住民ら321人が東電を相手に「ふるさと喪失慰謝料」など総額約110億円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、請求の一部を認め、東電に総額約11億円の支払いを命じた。水野有子裁判長は「原告は、憲法が保障する居住・移転の自由や人格権を侵害された」と述べた。

 原告側は2014年12月に提訴。1人当たり1000万円のふるさと喪失慰謝料の支払いと、月10万円の「避難生活の慰謝料」を月28万円に増額するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1321文字)

あわせて読みたい

注目の特集