メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プロ野球

正捕手へ跳ねる若鯉・坂倉 侍J稲葉監督が絶賛

春季キャンプで会沢(右)らと早出練習に取り組む坂倉=宮崎県日南市で2018年2月2日、田中将隆撮影

 宮崎県日南市でのプロ野球・広島の春季キャンプを視察した日本代表「侍ジャパン」の稲葉監督が絶賛する若鯉(ごい)がいる。高卒2年目捕手の坂倉将吾。球団初のリーグ3連覇を狙うチームの守りの要を目指す19歳に、稲葉監督は「打撃に力強さがあり、今後の野球界を背負っていく捕手」と賛辞を贈る。【田中将隆】

 日大三高から2016年ドラフト4位で入団した坂倉。ルーキーの昨季は99試合に出場したウエスタン・リーグで打率2位の2割9分8厘を残すと、9月には1軍に昇格。10月に巨人と争ったファー…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです