米カジノ大手

大阪を最有力候補地に「日本独自のIRも」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼CEO=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2018年2月6日、三村政司撮影
MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼CEO=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2018年2月6日、三村政司撮影

 米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼最高経営責任者(CEO)は6日、大阪市内で事業説明会を開き、日本国内での展開を目指すカジノを含めた統合型リゾート(IR)について「大阪(進出)を強く考えている」と語り、大阪府・市が誘致を目指す大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を最有力候補地にしていることを明らかにした。また、日本の美意識や感性を理解し、豊かな伝…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

注目の特集