メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眞子さま結婚延期

宮内庁「週刊誌報道は関係ない」

記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京・元赤坂の赤坂東邸で2017年9月3日午後3時6分、代表撮影

 秋篠宮家の長女眞子さま(26)と法律事務所社員の小室圭さん(26)の結婚延期を6日発表した宮内庁幹部は「お二人の結婚の意思は変わらない」と強調した。一方、延期の理由については「結婚後の生活に向けた準備に時間を要するため」などと述べるにとどめ、どのような準備が遅れているかについての具体的な説明はなかった。

 一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」の予定日を約1カ月後に控えて行われた、6日の宮内庁の発表。加地隆治・同庁宮務主管は「(お二人が)結婚の準備を進める中で十分な時間がないとお感じになり、いろいろな方に相談し、延期が良いとの結論に至られた」と話した。この時期の発表については「決断された段階で速やかにお知らせした」と説明した。

 小室さんを巡っては、昨年末から複数の週刊誌が、小室さんの母親と知人男性との間で金銭トラブルがあると報じていた。週刊誌報道は「知人男性から400万円を借りた小室さんの母が返済をしていない」という内容。「金銭の提供」があった時期は小室さんが大学生だったころで「国際基督教大学の入学費用や留学費用に使われた」などと報じている。

 加地氏は「週刊誌報道は延期と関係ない」と明言。報道内容の真偽を問われると「小室家の話であり、私から申し上げることは控える」と述べた。

 過去の皇族の結婚に関する日程変更は、自然災害によるものがほとんど。天皇、皇后両陛下の長女、黒田清子さんの婚約内定の発表は当初、2004年11月に予定されていたが、新潟県中越地震と高松宮妃喜久子さまの逝去によって2度延期され、同年12月末となった。眞子さまご自身も九州北部豪雨のため、婚約内定発表を2カ月延期されている。【山田奈緒、高島博之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです