メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自ヘリ墜落

機長の斉藤さん「操縦のスペシャリスト」

 佐賀県神埼(かんざき)市の民家に5日、陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、亡くなった機長の斉藤謙一2佐(43)は防衛大卒業後の1998年に入隊して操縦士となり、総飛行時間が約2700時間に及ぶベテランパイロットだった。米国で開発されたAH64Dの導入が2001年に決まった後は米国に留学して操縦方法などを学び、陸自の…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです