連載

Catch

毎日新聞デジタルの「Catch」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

Catch

サッカー お帰り「2」ウッチー 「鹿島は勝ってなんぼ」 8季ぶり古巣、内田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
水戸とのプレシーズンマッチでボールを追う鹿島の内田=水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で2018年2月3日、大島祥平撮影
水戸とのプレシーズンマッチでボールを追う鹿島の内田=水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で2018年2月3日、大島祥平撮影

 サッカーJ1の鹿島に背番号「2」が帰ってきた。ドイツ2部ウニオン・ベルリンから8季ぶりに古巣へ復帰した29歳のDF内田篤人。3日のプレシーズンマッチで新ユニホームに身を包み「応援してもらえるのはサッカー選手としてうれしいこと。喜びを分かち合えるように」と心境を語った。【大島祥平】

 3日に水戸市で開かれたJ2水戸との恒例のプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2018」。右サイドバックで先発すると、今季の練習試合を含め最長となる後半36分までピッチに立った。

 仕掛けるよりもパスを落ち着いてさばくことが多く、出力はまだ最大値までは上げていない印象だが、ここぞの場面ではゴール前に走り込んだ。前半37分に小笠原の縦パスを呼び込んでコーナーキックにつなげて「試合前に見ておいてと言った。(パスが)出てくるのはすごい」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文693文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集