メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

テレビの表現、どこまで許される? その笑い、差別かも

アベ首相を演じる福本ヒデさん(右)とスガ官房長官を演じる山本天心さん。社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が演じるコントは、外見を似せることから始まる=大阪市北区で菅知美撮影

 バラエティー番組での一コマが、差別的な表現や暴力行為ではないかと批判の的となっている。一方で「お笑い」なんだからそんなに目くじらを立てることはないという擁護の声もある。表現の自由として、笑いがどこまで許されるのかを考えてみた。【小松やしほ】

 「バラエティーはクレームとどう折り合いをつけるかの繰り返し。例えば熱い湯に人を落とすことがいじめを助長するから駄目と言われたら、激辛味のまんじゅうを選ばせるのはいいのかという話も出てくる。あれもこれも駄目となったら、できることがどんどん少なくなっていく」と、あるテレビ関係者はやきもきする。

 念頭にあったのは、最近のバラエティー番組を巡る騒動だ。日本テレビ系で昨年12月31日に放送された「…

この記事は有料記事です。

残り2578文字(全文2895文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. 「10連休」好調も前後で外出控え 五島は世界文化遺産登録で大幅増 県の4~6月の観光動向調査 /長崎

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです