メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

テレビの表現、どこまで許される? その笑い、差別かも

アベ首相を演じる福本ヒデさん(右)とスガ官房長官を演じる山本天心さん。社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が演じるコントは、外見を似せることから始まる=大阪市北区で菅知美撮影

 バラエティー番組での一コマが、差別的な表現や暴力行為ではないかと批判の的となっている。一方で「お笑い」なんだからそんなに目くじらを立てることはないという擁護の声もある。表現の自由として、笑いがどこまで許されるのかを考えてみた。【小松やしほ】

 「バラエティーはクレームとどう折り合いをつけるかの繰り返し。例えば熱い湯に人を落とすことがいじめを助長するから駄目と言われたら、激辛味のまんじゅうを選ばせるのはいいのかという話も出てくる。あれもこれも駄目となったら、できることがどんどん少なくなっていく」と、あるテレビ関係者はやきもきする。

 念頭にあったのは、最近のバラエティー番組を巡る騒動だ。日本テレビ系で昨年12月31日に放送された「…

この記事は有料記事です。

残り2578文字(全文2895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです