メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 下町風情が残る街には甘味屋が似合う。戦後の混乱期から東京・上野公園前に店を構える「あんみつ みはし」は、おしゃべりに花を咲かせる女性たちや動物園帰りの家族でにぎわう。

 3代目の佐藤一也さん(62)が店を継いだのは35年前。当時から、買い物かごを提げた近所の主婦が家事の合間に一服する憩いの場だったという。

 日本一おいしいあんみつを追求することが、佐藤さんの信念。すっと溶けるあんは北海道産の小豆、こりっと…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです