メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺えり

「喜劇 有頂天一座」で座長役 細胞にたたき込むように

「喜劇 有頂天一座」で座長役をつとめる渡辺えりさん=大阪市北区で、猪飼健史撮影

 女剣劇の一座を舞台にした「喜劇 有頂天一座」(16~23日、大阪松竹座)で、一座を率いる座長役に挑む。弟子の若手女優との間に、座長の座をめぐって展開する丁々発止の“女いくさ”の物語。「関西は笑いに厳しい土地柄。緊張しますが、すごく楽しみです」と意欲を語る。

 初代水谷八重子と市川翠扇により1959年に初演された北條秀司作の「女剣劇朝霧一座」が基になった作品。関西では初上演で、今回、新たに斎藤雅文が演出する。

 背景は戦後10年あまりたったころ。朝霧恵美子(渡辺)の女剣劇一座は、落ち目になって旅回り中だ。ある…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1039文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  3. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. ORICON NEWS テレビ朝日入社5ヶ月の24歳・新入社員が超異例のスピードで演出デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです