メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

「想像力と活力の糧に」 千葉の後藤さん、双葉郡の学校に絵本 /福島

武内敏英・大熊町教育長(右)に絵本を渡す後藤仁さん=いわき市好間工業団地の大熊町いわき出張所で

 千葉県松戸市の日本画家、後藤仁さん(49)が7日、自らが挿絵を手がけた絵本計120冊を、福島第1原発事故で大きな被害を受けた双葉郡8町村の幼稚園、小中学校に贈った。少女が自らを犠牲にして村を救う中国の少数民族の民話を描いた「ながいかみのむすめ チャンファメイ」など3作品で、「想像力や活力の糧にし、被災を乗り越えてほしい」と話した。

 後藤さんは2013年に初めての絵本を出版後、東日本大震災の被災地を回り、県内では全町避難中だった浪江町なども訪れた。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです