メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふなやんの日々是好日

霧と光が描く絵画 そこにいる偶然を享受 /島根

風で流れた霧が、周囲を幻想的な風景に変えた=島根県邑南町で、日本写真家協会会員・船津健一撮影

 写真とは、詰まるところ、偶然の重なりによる産物である。長い間、これを飯の種にしてきた経験則だ。デジタルカメラの性能は上がり、失敗する心配はほぼなくなった。

 だが、たまに「もうちょっと柔らかい絵画のような描写にならんかいな」と、天邪鬼(あまのじゃく)な思いにとらわれることがある。

 前方を乳白色で覆い隠していた霧が、ゆっ…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文310文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです