メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふなやんの日々是好日

霧と光が描く絵画 そこにいる偶然を享受 /島根

風で流れた霧が、周囲を幻想的な風景に変えた=島根県邑南町で、日本写真家協会会員・船津健一撮影

 写真とは、詰まるところ、偶然の重なりによる産物である。長い間、これを飯の種にしてきた経験則だ。デジタルカメラの性能は上がり、失敗する心配はほぼなくなった。

 だが、たまに「もうちょっと柔らかい絵画のような描写にならんかいな」と、天邪鬼(あまのじゃく)な思いにとらわれることがある。

 前方を乳白色で覆い隠していた霧が、ゆっ…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文310文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです