特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

青が駆ける

センバツ・瀬戸内 選手紹介/6 新保利於遊撃手(2年) 頼れる攻守の支柱 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
打撃練習をする瀬戸内の新保利於遊撃手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影 拡大
打撃練習をする瀬戸内の新保利於遊撃手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

新保利於(しんぽ・りお)遊撃手(2年)

 誰よりも元気よく、真剣に練習や試合に取り組み、チームを引っ張る主将。守備の要、遊撃手を務める瀬戸内の支柱だ。

 昨秋の県大会3回戦。2点を追う八回、2死走者なしの場面で「絶対に出塁する」と安打を放った。流れを変える一打となり、一挙に3得点し、逆転勝ちした。「主将としての強い気持ちがヒットにつながった」と胸を張る。

 守備では、軽い足の運びと素早い送球が際立つ。中学時代、毎日1キロ以上の水泳をこなすことで、柔らかい肩を手に入れた。しなやかなスローイングから繰り出される素早い送球が一番の武器だ。あこがれの甲子園で、主将らしい攻守での活躍を目指す。

 好物は焼き肉。大阪府の藤井寺市立藤井寺中学出身。【小山美砂】

関連記事

あわせて読みたい