メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

日米韓で対北朝鮮圧力 核武装認めず ペンス米副大統領と一致

会談するペンス米副大統領(左)と安倍晋三首相=首相官邸で2018年2月7日午後3時12分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は7日、米国のペンス副大統領と首相官邸で会談した。「核武装した北朝鮮は決して受け入れられない」との認識で一致。日米韓で緊密に連携し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し最大限の圧力をかけ続ける方針を確認した。

 会談では北朝鮮情勢について多くの時間を割いた。最新の情勢について分析し今後の対応について意見交換した。首相は会談後の共同記者発表で「平昌(ピョンチャン)五輪の成功に向けた南北対話は評価するが、北朝鮮が核・ミサイル計画を執拗(しつよう)に追求している事実は直視しなければならない」と訴えた。

 ペンス氏は「戦略的忍耐の時代は終わった。過去の過ちは繰り返さない」と語り、北朝鮮への圧力強化の必要…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1014文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳
  2. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… ジャーナリスト・伊藤詩織さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです