メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮

日米、韓国へ結束求め 「ほほ笑み外交」警戒 安倍首相・ペンス副大統領

ペンス米副大統領(左)と握手する安倍晋三首相=首相官邸で7日午後2時50分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相とペンス米副大統領は7日の会談で、北朝鮮への融和姿勢が目立つ韓国が圧力を緩めることがないよう韓国に働きかける方針で一致した。楽団派遣など平昌五輪に乗じた北朝鮮の「ほほ笑み外交」で韓国世論が軟化することを日米は警戒。五輪出席のため訪韓する際、首相とペンス氏は文在寅(ムンジェイン)大統領との間で、圧力強化路線の継続が必要だと確認し、日米韓の結束を示したい考えだ。

 会談では、圧力を強化するためには、延期されている米韓合同軍事演習を五輪・パラリンピック終了後に行う…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです