メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

「フェイクニュースと報道」 事実検証、担い手少なく 毎日労組主催

 インターネットのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を中心にしたフェイク(偽)ニュースの広がりが社会問題になっている。東京都内で3日、「フェイクニュースと報道」をテーマにしたシンポジウムが開かれ、ネットメディアに詳しい4人の登壇者が、深刻な現状にどう対処したらよいか、誤った情報を打ち消すために真偽を検証する「ファクト(事実)チェック」をどう進めるのがよいのか、について話し合った。

 シンポジウムは「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」として、毎日新聞労働組合が主催した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです