自民党

9条2項ともに譲らず 戦力不保持 維持・削除課題残る 改憲本部

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党憲法改正推進本部の全体会合=東京都千代田区の自民党本部で7日、根岸基弘撮影
自民党憲法改正推進本部の全体会合=東京都千代田区の自民党本部で7日、根岸基弘撮影

 自衛隊の存在を明記する憲法改正を巡って自民党内で綱引きが続いている。9条第1項と第2項を維持する安倍晋三首相の方針に沿って条文案をまとめたい党憲法改正推進本部に対し、石破茂元幹事長らは第2項の削除を譲らない。推進本部のある役員は7日の議論を「交わる気配がない」と評した。

 首相は6日の衆院予算委員会で「命を賭して任務を遂行する者の正当性を明文化することは改憲の理由になる」と答弁し、自衛隊を憲法に明記する意義を重ねて強調した。

 首相が提起したように第2項を維持する場合、第3項などとして自衛隊を書き加えることになる。「加憲」を掲げる公明党の協力を得る必要があるため、首相は「自衛隊の任務や権限に変更は生じない」と繰り返す。ただ、自衛隊を明文で合憲化しても、第2項が保持を禁じた「戦力」との境界論争は決着しない。憲法上の組織になった自衛隊が、法律で設置された防衛省より上位になるという「逆転」の問題も指摘される。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1074文字)

あわせて読みたい

ニュース特集