メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革

厚労省、修正案提示 自民・厚労部会などに

 厚生労働省は7日、今国会に提出する働き方改革関連法案の修正案を自民党の厚生労働部会などに示した。中小企業で月60時間を超える残業があった場合の割増賃金の引き上げを、当初予定の2022年4月から1年遅らせることを盛り込んだ。中小は大手よりも割増率が低く、その解消が遅れることに労働組合から反発が出るとみられる。

 修正案では、中小企業に対して残業時間の上限規制を20年4月、同一労働同一賃金を21年4月にそれぞれ…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文419文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]