メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革

厚労省、修正案提示 自民・厚労部会などに

 厚生労働省は7日、今国会に提出する働き方改革関連法案の修正案を自民党の厚生労働部会などに示した。中小企業で月60時間を超える残業があった場合の割増賃金の引き上げを、当初予定の2022年4月から1年遅らせることを盛り込んだ。中小は大手よりも割増率が低く、その解消が遅れることに労働組合から反発が出るとみられる。

 修正案では、中小企業に対して残業時間の上限規制を20年4月、同一労働同一賃金を21年4月にそれぞれ…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです