メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生可能エネルギー

買い取り制度 太陽光価格、3円下げ 18年度18円、制度当初の半額以下

再生エネ買い取り価格の推移

 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を巡り、経済産業省の審議会は7日、2018年度の買い取り価格案をまとめた。事業用の太陽光(10キロワット以上)は1キロワット時当たり18円と、17年度の21円から3円引き下げた。制度が導入された12年度の40円から半額以下に低下する。消費者の負担が軽くなる一方で、発電事業者はさらなるコスト削減の努力が求められそうだ。【片平知宏】

 意見公募を経て、経産相が3月に正式決定する。太陽光発電の買い取り価格は、設備導入費などの低下を反映し、6年連続で引き下げた。17年3月時点で認定されている太陽光は8450万キロワット。再生エネ全体の大半を占めているが、海外に比べると発電費用の高さが指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです