メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モデルチェンジ!

100年目のパナソニック/下 「量より質」転換図る

ダイニングテーブルにIH調理器や食器洗い乾燥機を据え付けたパナソニックの「いろりダイニング」=大阪市北区のパナソニックセンター大阪で、久野洋撮影

 パナソニックにとって創業以来の中核だった国内の家電事業。その「売り方」が今、変わり始めている。東京・有明と大阪・梅田にあるショールーム「パナソニックセンター」では、2016年から17年にかけて単品の展示品を大幅に減らした。大阪では台所や寝室などのモデルルームを設け、エアコンや照明など住空間で使う製品をセットで提案する。

 セット提案を象徴する製品が昨年12月に発売された。会話しながら料理や食事を楽しめる「いろりダイニン…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文954文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです