メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

人の嗅覚、独自に進化 動物にとって生存に不可欠

 甘い、酸っぱい、香ばしい--。私たちの周りには数十万種類のにおいがある。その嗅覚を巡って、人はその他の動物とは違う進化を遂げてきた。においは人の行動にどんな影響を与えるのか? 異性を引き寄せるフェロモンはあるのか? 気になる疑問を調べた。【斎藤有香】

 ●ゾウの鼻の秘密

 「最も嗅覚が優れている動物は?」。このクイズに多くの人は犬と答えるかもしれないが、答えはアフリカゾウ。嗅覚は、空気中のにおい分子を、鼻腔(びくう)上部の嗅上皮にある嗅覚受容体がキャッチし、それが嗅神経を通じて脳に信号として伝わる仕組みだ。受容体の数が多いほど、においの識別能力が高いという。新村芳人(にいむらよしひと)・東京大特任准教授(分子進化学)の研究結果によると、アフリカゾウの嗅覚受容体の遺伝子は1948個で、犬(811個)の2倍以上、人(396個)のほぼ5倍だった。ゾウの鼻は長いだけではなく嗅覚も優れている。

 約1億年前の哺乳類の共通祖先は、約800個の嗅覚受容体遺伝子を持っていたとされる。アフリカゾウは嗅…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです