メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

スピードスケート記録会 小平と郷、タイム上々

500メートルのタイムトライアルで、上々のタイムを出した小平(右)=手塚耕一郎撮影

 スピードスケートの記録会が7日、五輪競技会場の江陵オーバルで行われ、女子500メートルは金メダル有力候補の小平奈緒(相沢病院)が37秒05の好タイムをマークした。記録は非公認だが18日の本番レースに向けて弾みをつけた。同走の郷亜里砂(イヨテツク)は37秒61だった。

 小平は、昨年2月に同じリンクで行われた世界距離別選手権を制した時の37…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「今、東京から?」拒まれ、仮住まいで焼死 岩手「ついの住みか」のはずが

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです