平昌冬季五輪

スピードスケート記録会 小平と郷、タイム上々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
500メートルのタイムトライアルで、上々のタイムを出した小平(右)=手塚耕一郎撮影
500メートルのタイムトライアルで、上々のタイムを出した小平(右)=手塚耕一郎撮影

 スピードスケートの記録会が7日、五輪競技会場の江陵オーバルで行われ、女子500メートルは金メダル有力候補の小平奈緒(相沢病院)が37秒05の好タイムをマークした。記録は非公認だが18日の本番レースに向けて弾みをつけた。同走の郷亜里砂(イヨテツク)は37秒61だった。

 小平は、昨年2月に同じリンクで行われた世界距離別選手権を制した時の37…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

ニュース特集