メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

昨年衆院選 違憲状態判決「奇跡に近い」 原告側「司法が役割」

2017年10月の衆院選を違憲状態と判断した名古屋高裁判決を受け、会見する原告側の升永英俊弁護士(右)=名古屋市中区で7日、兵藤公治撮影

 昨年の衆院選小選挙区の「1票の格差」を巡る一連の訴訟で、名古屋高裁が7日、区割りを「違憲状態」と初めて判断した。原告側の弁護士グループは判決後の記者会見で「司法が役割を果たした」と評価した。

 一連の訴訟は二つの弁護士グループが全国で16件起こした。今回は11件目の判決で、升永英俊弁護士のグループが提訴していた。

 名古屋市内で記者会見した升永弁護士は、違憲状態判決を「奇跡に近い」と表現した。これまで10件の判決…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1288文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  2. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」
  3. 旧博物館動物園駅 幻の駅、21年ぶり公開 改修、保存へ 京成電鉄と東京芸大が協定 /東京
  4. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  5. 岡山・加計学園 獣医学部新設問題 加計氏、首相面会否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]