メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カナダ

国歌、ジェンダーフリーに 変更法が成立

 カナダ国歌「オー・カナダ」の歌詞を一部変更し、性の区別をなくす法案が7日、同国総督によって承認され成立した。メラニー・ジョリー民族遺産相が明らかにした。9日開幕の平昌冬季五輪でカナダ人選手が金メダルを獲得すれば、新しい歌詞の国歌が斉唱される。

     トルドー首相率いる自由党政府が推進しているジェンダー(社会的・文化的性差)間の平等に向けた取り組みの一環。「汝の息子全ての中に流れる真の愛国心」が「われわれ全てに流れる真の愛国心」と変更された。

     下院で7日、議員らが新しい歌詞の国歌を斉唱すると、大きな拍手に包まれた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
    2. 殺人容疑 2歳長男の首絞め殺害 18歳母を逮捕 青森
    3. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/2 やめなきゃいけなくなったら… 右足首のけが
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 熊本・乳児殺害 覚醒剤を飲ませて 懲役16年確定へ 上告棄却

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]