メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋地裁

住民、豊橋市に勝訴 ユニチカ用地売却訴訟

ユニチカの跡地売却を巡り住民監査請求することを決めた「市民の会」設立の集い=豊橋市の旧生活家庭館集会室で2016年5月22日、吉富裕倫撮影

 化学繊維メーカーのユニチカが愛知県豊橋市から譲り受けた工業用地を市に返還せずに売却したのは用地を譲渡した際の契約に違反するとして住民約130人が佐原光一市長を相手に63億円の損害賠償の請求を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(市原義孝裁判長)は8日、住民側の訴えを全面的に認め、市長に対してユニチカに全額を請求するよう命じた。

 ユニチカは前身の大日本紡績時代の1951年に市から土地を無償で取得し、工場の操業を開始。その際、市…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです