火災

福島第2原発 廃棄物処理建屋から煙 40分後鎮火

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 8日午前9時ごろ、東京電力福島第2原発(福島県楢葉、富岡町)にある1、2号機廃棄物処理建屋で火災報知機が作動した。2階北側の冷凍機室(約400平方メートル)から煙が出ているのを協力会社の作業員が見つけて消火し、約40分後に鎮火が確認された。けが人はなかった。双葉広域消防本部が出火原因を調べている。

 東電によると、同原発の敷地境界に設置さ…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文305文字)

あわせて読みたい

注目の特集