メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜地裁

過労事故死訴訟和解、会社が7590万円支払い

 バイクで通勤中に事故死した社員の遺族が、事故が起きたのは過重労働が原因だとして、会社側に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の和解が8日、横浜地裁川崎支部で成立した。橋本英史裁判長は、会社には、通勤時にも社員が過労により事故を起こさないよう安全に配慮する義務があると判断し、会社に賠償責任があるとして和解を勧告。会社が遺族に約7590万円を支払うなどの和解条項に双方が合意した。

     訴えていたのは、植物装飾業「グリーンディスプレイ」(東京都世田谷区)の社員だった渡辺航太さん(当時24歳)の遺族。渡辺さんは2014年4月24日朝、22時間弱の徹夜勤務後に原付きバイクで帰宅中、電柱に衝突して亡くなった。遺族は、事故は過重労働が原因で、同社は事故を予想できたのに業務軽減などの措置を怠ったなどと訴えた。【太田圭介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
    2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
    3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
    4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]