メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸和田市議会

百条委の中井委員長が辞任

中井良介氏

 大阪府岸和田市の信貴芳則前市長(56)の金銭疑惑を解明する市議会調査特別委員会(百条委)の委員長で共産党の中井良介市議(70)が、出直し市長選告示前に、落選した信貴氏の応援を呼びかけた問題で、中井氏は7日、委員長を辞任した。「新聞報道を受け、今後の委員会運営の混乱を避け、市民の理解を得られるように」と辞任の申し出があったという。新委員長には公明党の米田貴志市議(53)が選ばれた。

 中井氏は信貴氏の中学時代の教師。4日投開票された市長選告示1週間前の先月21日、信貴氏の出身中学の同期生や元教師らとの新年会に参加し、「応援したってください」などと呼びかけた。出席した男性は「『信貴さんに1票入れたってな』とも言っていた」と証言するが、中井氏は取材に「『1票入れて』とは言っていない」と否定、委員長職の続投を明言していた。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです