メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

上級グレード並みの装備を採用したスバル・インプレッサの特別仕様車「S-style」登場

情報提供:カートップ

上級グレードにも引けをとらないスポーティな仕立て

 SUBARUは、インプレッサSPORT/G4に特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を設定し、4月24日(火)より発売する。

 エクステリアは、メッキ加飾を施したフロントフォグカバーやサイドシルスポイラー、足元には専用の切削光輝16インチアルミホイールを装着。最上級グレードである2.0i-S EyeSightを連想させる高級かつスポーティなビジュアルに仕立てた。G4にはマフラーカッターがプラスされ、より迫力あるリヤビューを演出している。

 ボディカラーは、アイスシルバー・メタリック/クリスタルホワイト・パール/ダークグレー・メタリック/クリスタルブラック・シリカ/クォーツブルー・パール/ダークブルー・パール/ピュアレッドの7色を設定。

 インテリアは、本来メーカーオプションとなる本革巻きステアリングホイールを標準装備した。さらにシフトレバーとピアノブラック調加飾パネル付きの本革巻きセレクトレバー、アルミパッド付スポーツペダル、シルバーステッチがアクセントのファブリック/トリコットシート、シルバーのメーターバイザーリングを採用。高い質感を持ちながらも、スポーティな室内空間に仕上げている。

 もちろんSUBARUの強みである運転支援システム「アイサイト」や歩行者保護エアバックは標準装備とし、安全面の充実も十分だ。価格(税込)は2WDモデルが210万6000円、AWDモデルが232万2000円となる。

 ベースグレードに約10万円~16万円プラスでこれだけの装備がついた、まさにお買い得モデル。ワンランク上の上質なインプレッサをぜひチェックしてみてほしい。


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「前監督、コーチが反則指示」日大選手が謝罪
  5. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]