メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

blank13 抑えた演出が光る

 1人の人間が外部に見せる顔はさまざまだ。ある人にとっては仏のような人物が、別の人にとっては疫病神だったりもする。そんな人間の複雑な特性を、初の長編映画監督に挑んだ斎藤工が思い切った演出であぶり出した。

 コウジ(高橋一生)と兄ヨシユキ(斎藤工)は、13年間音信不通だった父の雅人(リリー・フランキー)が末期の胃がんで入院中だと知る。ギャンブル好きの父は2人が幼い頃、多額の借金を抱えて家を出て行った。必死に働いて息子たちを育てた母の洋子(神野三鈴)とヨシユキは見舞いに行かないが、コウジだけは父の元を訪れる。

 家族の間においても、雅人に対する思いは違う。家出した時、既に思春期を迎えていたヨシユキはどうしても…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです