メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ジャズピアニスト・大江千里さん てっぺん狙うより、着地をきれいに

ニューヨークの自宅の庭でシシトウやインゲンなどを育てている。「シシトウは豊作で食卓に毎日並んでいます」=東京都港区の音楽会社のスタジオで、中村藍撮影

 東京は朝から、ちらちらと雪が舞っていた。4年ぶりの大雪予想。「きょうは寒いですね」と声をかけると、ジャズピアニストとなったかつての人気シンガー・ソングライターは、スタジオの窓の外に目をやり「ニューヨークはもっと寒いですよ。氷点下10度なんていう日もざらですから」と笑った。

 米ニューヨークに暮らし始めて11年目。音楽大学でジャズを一から勉強したいと、愛犬「ぴーす」と“2人で”かの地を踏みしめたのも雪の日だった。

 中学生でミュージシャンへの登竜門「ヤマハポップミュージックコンテスト(ポプコン)」に出場。関西学院…

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1876文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです