メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

坂元裕二脚本「anone」 フェイクをテコに家族、生き方問う=碓井広義

 広瀬すず主演「anone(あのね)」(日本テレビ系)が、回を重ねるごとに面白くなっている。

 主な登場人物は5人だ。アルバイトをしながら、ネットカフェで寝泊まりしている辻沢ハリカ(広瀬)。小さな印刷会社を経営していた夫と死別し、現在は法律事務所の事務員をしている林田亜乃音(田中裕子)。夫や息子のいる家を出て、アパートで1人暮らしをしている青羽るい子(小林聡美)。カレー屋をしていたが、医者からがんで余命半年と言われた持本舵(阿部サダヲ)。そして林田印刷所の元従業員で、今は弁当屋で働く中世古理市(瑛太)である。

 亜乃音と理市はともかく、5人は元々無関係だった。ある日、亜乃音が印刷工場の床下に隠された、大量の1…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1057文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]