特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会をライブ配信します。

特集一覧

けっぱれ!花東

’18センバツ 全身の使い方学んで 水泳トレーニングコーチ・佐藤順さん(41) /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
野球部員の水泳トレーニングを指導する佐藤順さん=花巻市松園町の花巻東室内プールで、喜屋武真之介撮影 拡大
野球部員の水泳トレーニングを指導する佐藤順さん=花巻市松園町の花巻東室内プールで、喜屋武真之介撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

佐藤順(おさむ)さん

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に6年ぶり3回目の出場が決まった花巻東。菊池雄星投手(現西武)が活躍し準優勝した2009年、大谷翔平投手(現米大リーグ・エンゼルス)が注目された12年に続くセンバツに、地元の期待が高まっている。選手らを支える人たちの応援の声を紹介する。

 03年から野球部の水泳トレーニングを担当しています。毎年10月から週2回、投手陣を中心にプールでの練習が始まります。基礎体力の向上はもちろん、選手たちには自分の体をどう使うか考えるきっかけにしてほしいです。

 花巻東水泳部のOBで、普段は学校のプールを借りて水泳教室のコーチをしています。水泳選手の肩甲骨の柔らかさを投手陣にも身につけさせたいと考えていた佐々木洋監督に声を掛けられて、コーチを始めました。

 選手には4泳法を一通り教えています。自分が基本しか教えていなくても、最初は泳げなかった選手がいつの間にか泳げるようになっているんです。努力を惜しまないところに選手たちの意識の高さを感じています。きつい練習でも楽しそうにやっているので、教えがいがありますね。

 甲子園では、投手陣に指先まで神経を使って投げてきてほしい。水泳で全身を意識することを考えた分、成長しているはずです。【聞き手・三瓶杜萌】=随時掲載

関連記事

あわせて読みたい