メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

岩間・合気道 聖地で技と心身鍛える /茨城

開祖・植芝盛平が建てた道場で稽古に励む門下生たち=笠間市吉岡で

 JR岩間駅にほど近い笠間市吉岡に、合気道の開祖・植芝盛平(1883~1969年)が開いた神社と道場がある。海外からも多くの門下生が修行にやって来る「合気道の聖地」を訪ねた。

 1月下旬の平日午後7時過ぎ、広さ60畳の道場で、神棚への拝礼に続いて稽古(けいこ)が始まった。エアコンはついておらず気温は1度。参加者15人が身につけていたのは道着のみ。もちろん裸足だった。

 63歳で入門したという元銀行員の男性(71)や公務員の女性(38)に交じって外国人男性が参加してい…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです