メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/2 大正末期に誕生 昭和に入り人気職業に /東京

 現在のチンドン屋という職業を「街頭で音楽を鳴らしながらの代理宣伝業」としてでなく、チンドン太鼓(鉦(かね)と和太鼓を合わせたもの)を使用するという点に限れば、その出現は大正の末期に求められる。大正・昭和のさまざまな風俗を集めた「カメラ社会相」(片岡昇著・1928年)という本に「立派な東西屋」と題して写真入りで紹介されているのは、前にチンドン太鼓、後ろにしょいビラを背負って1人で演芸場の宣伝をする、既に現在と違わぬチンドン屋の姿である。取材日は25(大正14)年9月1日、場所は麻布十番だ。

 大正末期には誕生していたチンドン屋だが、昭和に入るとたちまち人気の職業となる。31(昭和6)、32…

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです