メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チンドン繁盛記

昭和外伝/2 大正末期に誕生 昭和に入り人気職業に /東京

 現在のチンドン屋という職業を「街頭で音楽を鳴らしながらの代理宣伝業」としてでなく、チンドン太鼓(鉦(かね)と和太鼓を合わせたもの)を使用するという点に限れば、その出現は大正の末期に求められる。大正・昭和のさまざまな風俗を集めた「カメラ社会相」(片岡昇著・1928年)という本に「立派な東西屋」と題して写真入りで紹介されているのは、前にチンドン太鼓、後ろにしょいビラを背負って1人で演芸場の宣伝をする、既に現在と違わぬチンドン屋の姿である。取材日は25(大正14)年9月1日、場所は麻布十番だ。

 大正末期には誕生していたチンドン屋だが、昭和に入るとたちまち人気の職業となる。31(昭和6)、32…

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. エフエム東京が「粉飾決算」発表 3年間で11億円の営業損失か

  3. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです