富士市立中央病院

医療過誤、遺族に1億2012万円賠償 和解案盛る /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富士市は、2月定例会の提出議案に、市立中央病院で2014年に死亡した市内の男性(当時45歳)の遺族に損害賠償として1億2012万円を支払う和解案を盛り込んだ。

 市によると、男性は14年9月4日、入院した。腸閉塞(へいそく)の緊急手術を行うため全身麻酔をかけたところ、容体が急変して呼吸不全と循環不全を発症し、同日死亡し…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集