メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「史跡が語る幕末の下関」 維新150年 長州藩の動き、史料100点で紹介 考古博物館 /山口

勝山御殿の玄関に使われていたと見られる鬼瓦の展示コーナー

 下関市綾羅木の市立考古博物館で、企画展「史跡が語る幕末の下関」が開かれている。展示は3部構成で、前田台場跡や勝山御殿などの史料約100点が並び、攘夷(じょうい)から倒幕へと移る長州藩の動きをたどることができる。入場無料で3月31日まで。

 今年の明治維新150年を記念し、県埋蔵文化財センターや、下関市立歴史博物館などが所蔵している幕末期の史料を集めた。

 1部では、長州藩の武器製造を任された郡司鋳造所跡(萩市)や、外国艦隊の攻撃を受けた前田台場跡の史料、2部では、内陸部の防衛拠点となった勝山御殿の玄関に使われたと見られる鬼瓦などが展示されている。3部は奇兵隊が、長州藩内で勢力を拡大した「大田・絵堂戦役」(美祢市)の銃弾などの遺品が並ぶ。各史跡を小型無人機「ドローン」で撮影した写真も展示しており、当時と現在の比較も楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです