メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立野ダム

九地整、本体工事落札者を決定 住民質問未回答のまま /熊本

 九州地方整備局は、立野ダム本体建設1期工事の落札者を107億円で西松建設・安藤ハザマ・青木あすなろ特定建設工事共同企業体(JV)に決定した。今月中旬までに契約を結び、準備期間を経て基礎掘削から本体工事に着手する。ダム建設をめぐっては、住民団体が安全性や必要性に疑問の声をあげており、公開質問状を繰り返し提出してきたが、九地整は回答していない。

 1期工事の工期は2021年3月31日までで、基礎掘削と基礎処理、全体の1割強のコンクリート打設まで…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文514文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]