メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立野ダム

九地整、本体工事落札者を決定 住民質問未回答のまま /熊本

 九州地方整備局は、立野ダム本体建設1期工事の落札者を107億円で西松建設・安藤ハザマ・青木あすなろ特定建設工事共同企業体(JV)に決定した。今月中旬までに契約を結び、準備期間を経て基礎掘削から本体工事に着手する。ダム建設をめぐっては、住民団体が安全性や必要性に疑問の声をあげており、公開質問状を繰り返し提出してきたが、九地整は回答していない。

 1期工事の工期は2021年3月31日までで、基礎掘削と基礎処理、全体の1割強のコンクリート打設まで…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです