メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

自動車産業の未来

八郷隆弘氏

 自動車業界が大きな変革期を迎えている。各国の環境規制強化を背景に電気自動車(EV)の開発など「電動化」の動きが加速し、IT大手などが相次いで参入。自動運転の開発でも各社がしのぎを削る。ライドシェア(相乗り)の普及で車の保有台数が大幅に減るとの見方もある中、自動車産業の未来はどこに向かうのか。

「環境対応」「交通事故ゼロ」へ 八郷隆弘・ホンダ社長

 クルマが人々の身近なモビリティー(移動手段)となって100年あまりが経過し、自動車業界は大転換期を迎えている。電動化や自動化、インターネットとつながる「コネクテッド化」などの技術開発が進み、お客様の好みも変わっていく中で、新しい世界に向かってまさに船出したところだ。

 振り返れば、クルマは時代に応じて変化してきた。フォードの大量生産方式に始まり、機械化や電子化などが…

この記事は有料記事です。

残り4224文字(全文4581文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです