メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院予算委

立憲、NPR「評価」の外相批判 「持論の核軍縮と矛盾」

 8日の衆院予算委員会で立憲民主党の2議員が、トランプ米政権の核戦略指針「核態勢見直し(NPR)」を「高く評価する」とした河野太郎外相との論戦を展開した。河野氏は「北朝鮮の核・ミサイルの脅威は現実的なものだ。NPRは米国が同盟国に対し核抑止に明確にコミット(関与)している点で高く評価する」と改めて強調した。

 立憲の末松義規氏が「日本は唯一の被爆国。米国の核抑止だけに頼るのはおかしい」とただしたのに答えた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです